【アクセス解析調査結果】hubspotからの大量アクセスの原因

アクセス解析

本日、Google Analyticsのリアルタイムを見ていると、20超ユーザーが同時にアクセス。

まぁ、弱小ブログなもんで、そんなにアクセスが集中する事なんてないんですよね。

「おお!?どうした?どうした?」

と色めきだってみました。前回の記事で書いたようにGoogle砲の直撃があったので、その余波かなぁと思っていたのです、しっかりと調べてみる必要がありそうです。

サービスプロバイダ「hubspot」からの大量アクセス

まず気が付いた点です。

まずサービスプロバイダの値を見てみました。すると「hubspot」からだけ異常に多い事に気が付きました。

1つの事象からでは「良い出来事」か「良くない出来事」かはわからない状態です。ただ、何かが起きているのは確かです。確率論的にどの属性もほぼ分散します。どこか1つだけ際立っている状態の場合はさらに掘り下げていきましょう。

そこにお宝が眠っている可能性があります。

hubspotを調べてみると有名なMAツールの様です。

「Ashburn」からの大量アクセス

さらに掘り下げてどの地域からアクセスがあるのかを見てみます。

すると「Ashburn」からのアクセスが集中しています。

集中していると言うか、先ほどの「hubspot」と同数です。

なので、この属性は共通のユーザーを指し示していると見て良いでしょう。

ちなみにアッシュバーンの場所はこちらです。

さて、私のブログですがアメリカ合衆国バージニア州アッシュバーンでバズる様な記事は書いておりません。ここ向けの記事を書いて、アクセスが集中しているなら「バズった!」と思うのですが、そうでないとなる、あまり良い事ではなさそうです。

次の情報でGoogle検索をしてみる

さて情報が揃ったのでこれらの属性を持った事象が他で起きていないかをGoogleで検索してみてましょう。

hubspot サービスプロバイダ

ashburn analytics アクセス

これらでGoogle検索をしていきます。

すると同じような事象が出てきました。

Ashburnからの大量アクセスの原因とGoogle Analyticsの応急処置
Google Analyticsでいつものようにアクセスを確認していると、ユーザー数とセッションが数倍にアップ…
amazonaws.com アメリカのアッシュバーンから謎の大量アクセス!? 悪質なスパムに注意!! | アジアの歩き方
amazonaws.com というドメインから奇妙な大量アクセスがありました。調べてみるとアメリカのAshburn(アッシュバーン)という街からのアクセスですが、どうやらスパムのようです。ということで、今回は、謎のドメイン、amazonaws.comについて、記事にしたいと思います。

同じ状況ですね。SPAMアクセスと言う事で正しい解析が出来なくなるのが嫌ならブロックしておくくらいと言うのが結論の様です。

私のサイトでは現時点で直積的な被害が出ていない、頻度も低いという事でしばらくは様子見をしようと考えています。確かに大手のサイトだと大量アクセスが頻繁に行われるとサーバー負荷など考えなくてはならないですもんね。

調査結果

いろいろと調べた結果、SPAMアクセスだった事が判明です。全く身にならないアクセスでちょっとがっかりです。

「huspot」や「ashburn」のキーワードが出たら、PVとしては身にならないロボット的なアクセスが発生しているとみて下さい。

コメント