動画コンテンツの3つの特性を理解する

基本
動画コンテンツを取り扱うには動画コンテンツの特性を理解する必要があります。
その特性をしっかりと把握した上でのコンテンツ作りをしないと伸びません。
では、その特性とはなんなのか?1つずつ解説していきます。

情報の流れが一方向

動画コンテンツは情報の流れが基本的に一方向です。
読み物と違って、自分の意識とは別で一方方向で再生されます。
ブログではスクロールで巻き戻って読み直しが出来ますが、動画コンテンツでは巻き戻しはありますが、それほど便利に巻き戻れません。

情報量が多い

動画コンテンツは文章の情報より多くの情報量を含みます
文章では表現しきれない所も情報としてカバーしてくれます。
「情報量が多い=わかりやすい」ではない事を理解しておく必要があります。

情報変換されるパターンが無数

動画から得られる情報は視聴者の脳内で様々な形で保存されます。
文字情報は比較的操作、読み手の心象を操作しやすいのですが、動画に関しては最終的に記憶に残す部分のパターンが無限になります。
なので、しっかりと伝える事を意図的に操作しないと正しく動画のメッセージを記憶に残すことが出来ません。
同音異義語などは音だけだと聞き手によって解釈が異なってします可能性もあります。

まとめ

動画コンテンツを作成する際には、これらの3つの特性を理解して動画は作成する必要があります。
流れが一方向ということはストーリーが重要になってきます。
情報量が多い特性を有利使い、情報の幅を絞りつつ的確に伝える方法を考えていくとよいでしょう。

コメント