Youtube収益化の条件をクリアに向けてする事(基本編)

基本

動画投稿サイトの雄「YouTube」

有名ユーチューバー(Youtuber)を広告塔に「好きなことで、生きていく」のキャッチフレーズで動画投稿者を増やしました。

その効果は諸刃の剣だったのか、質の悪いユーチューバーを大量に生む事に繋がりまり、現在では誰もが広告を掲載出来ると言う訳ではなくなりました。

収益化の壁はかなりハードルが高くなったと言えるでしょう。

だれも広告を掲載する事が出来た自由な時代

それまでは動画投稿者が収益化を望むんだら、その動画コンテンツに広告が掲載される仕組みとなっていました。

そうです。誰でもOKだったんですね。

広告の露出が高い事がWeb広告においては非常に重要要素なので、投稿者が少しでもお金になるならと広告掲載をONにしたと思います。

とは言え、実際はある程度の金額が溜まらないと入金されないので、実際に入金までたどり着くのは至難の業でしょうが・・・

突然の規約変更による締め出しの始まり

そこにある事件がおきます。

広告収益化条件の変更です。

2018年2月20日に規約が改定になりました。

この改定により、過去12カ月でチャンネル登録数が1,000人以上、再生時間4,000時間以上をクリアしないと広告掲載出来ない事になりました。

なぜこのような改定が必要だったのか?

Youtube側も広告主に対して良質なコンテンツを集める努力をしているアピールをする必要があり、広告の露出機会の減少よりも質の悪いコンテンツに広告が出る事で、広告主のイメージダウンに繋がり、広告主がYoutube離れする事を懸念したんでしょう。

ハードルが上がったことで参入が非常に難しくなったと言えます。

チャンネル登録、視聴時間を増やす為ににする事

チャンネル登録、視聴時間を増やすためにする事をまとめてみました。超基本的な事をまとめます。

動画コンテンツの量を増やす

まず基本ですよね。コンテンツ量が増えればそれだけ露出が増えてきます。まずは自身のコンテンツ量を増やす事が大切です。

ポイントはある程度、コンテンツのジャンルを絞る事です。雑記ブログの様なイメージではなく、1ジャンルに集中する方が良いでしょう。

継続的に定期的な配信をする

シリーズ化するなど続きが気になるような、また見たくなるよな気持ちにさせないといけないです。ポッと出で単発で終わるのではなく、ある程度コンテンツ量が揃っている事もチャンネル登録の一つの目安となってきます。

興味あるジャンルのコンテンツは揃っているけど更新が滞っていると、一度見れば良いと思われてしまいます。

ブログやSNSなどの総客の種類を増やす

露出を増やすのは重要な要素です。

総客する手段を増やしておく事は非常です。

SNSやブログなどと連携して総客数を増やす工夫をしてましょう。

重要なのはここでしょうね。

まとめ

動画の場合はコンテンツとして情報量が多いので、それこそ文章よりも小間切れにして出しても情報量としては十分すぎる側面があります。

文章にしてしまうと2,000文字そこそこでも動画だと5分とか10分くらいのサイズになったりしますよね。

そういった特性も加味しつつ、コンテンツ量を増やしていく事が重要です。

コメント